余計なトラブルを起こさないため

>

弁護士と税理士に相談

この記事をシェアする

依頼する先が変わる

自分の手元に遺産が来るまでは、話し合いを弁護士に任せてください。
しかしそれが終わっても、まだ安心できません。
今度はどのくらいの相続税を納めれば良いのか確認する作業に移ります。
相続税は一律で決まっておらず、相続した金額によって変わりことでしょう。
自分で計算しても良いですが複雑なので、心配な人は税理士に尋ねてください。
このように、相続税の悩みになると今度は税理士の力を借りることになります。
その時に合わせて、ベストな専門家に相談することで、トラブルが起こることなく相続税を納めるところまで進めます。
細かく手間がかかる作業はすべて税理士にお任せできるため、頼りがいのある税理士に依頼できる良いです。
最後まで気を抜かないで、相続の問題を乗り切りましょう。

電話でも対応してもらえる

時間がなくて、税理士の事務所まで行く時間がない人が見られます。
その際は、電話で対応してもらえる税理士を探しましょう。
電話なら自宅からでも相談できるので、空き時間を見つけてトラブルを解決できます。
さらに電話は、その場で直接答えを教えてもらえる面がメリットです。
メールでも相談を受け付けている税理士がいますが、いつ返事が来るのかわかりません。
今すぐに答えを知りたい時は、やはり電話が良いでしょう。
前もって、いつ電話相談ができるのか時間を確認してください。
ほとんどの税理士は夜まで受け付けており、仕事が終わった後に電話できます。
忙しくても相続税のことは大事で失敗すると大きな損害になるので、後回しにしないことをオススメします。


▲ TOPへ