余計なトラブルを起こさないため

>

信頼できる弁護士の特徴

この記事をシェアする

長年の経験がある

弁護士を探すと、新人からベテランの人までいることがわかります。
その中でもオススメは経験豊富なベテランなので、経験が多いことがわかる人を選んでください。
新人が全員悪いというわけではありませんが、経験が不足していることは事実です。
そのため、正しく遺産を分配できないかもしれません。
後でそのことに気づくと、また親戚間でトラブルが起こるので負の連鎖が続きます。
ベテランならそのようなことがなく、確実に平等に遺産を分けてくれるので、今後のトラブルを防止できる面もメリット。
つまり経験が豊富で、実績を持っている人に依頼してください。
たくさんの人から依頼されているということは実力があり、さらに丁寧に接してくれると判断できます。

何が得意なのか調べる

弁護士は、様々なことについて相談に応じてくれます。
それは困った時に便利ですが、相談内容に応じてふさわしい弁護士を選ばなければいけません。
以前弁護士を利用したことがあっても、その時は離婚問題の相談をしたのであれば、今回は別の弁護士を探したほうがよいでしょう。
離婚問題が得意な人に相続の相談をしても、期待したアドバイスはもらえない可能性があります。
弁護士はホームページを開設しており、そこで経歴や得意分野を説明しています。
オールジャンルのことを相談できる弁護士もいますが、浅い知識しか持っていないケースが多く、トラブルを根本的に解決できません。
対応できる分野は狭くても良いので、特定のジャンルについて深い知識を持っている弁護士がオススメです。


▲ TOPへ