余計なトラブルを起こさないため

専門家の力を借りよう

誰かが亡くなった時に、遺言書が残っていればその通りに遺産を分配すれば良いので、あまり手間が掛かりません。
しかし急に亡くなった時は遺言書を作成する時間がなく、その場合は遺された人の関係性などを考慮して、誰にどのくらいの遺産が行き渡るのか決めます。
その時に親戚同士でトラブルが起こるケースが多いので、不安な人は弁護士に相談してください。
弁護士なら正しく分配してくれるので、みんなが納得できる結果になるでしょう。
どんなに普段は仲が良い親戚でも、お金のことになると性格が変わる人もいます。
ここで無理に自分たちだけで話し合おうとすると、人間関係を壊す結果になるので気を付けましょう。
経験が豊富で、たくさんの知識を持っている弁護士を探しましょう。
また弁護士の中には離婚問題を得意としている人もいるので、適当に選ぶのはオススメしません。
相続のことに関して専門的な知識と経験を持っていることが、選択する際の条件です。
ちなみに、遺産は相続して終わりではありません。
相続したら、今度は相続税がかかるので忘れないようにしましょう。
どのくらいの相続税をいつまでに納めれば良いのかわからない時は、税理士に相談するのがベスト。
このように相続と相続税では、頼るべき専門家が変わるので、誰に依頼すれば良いのかハッキリさせましょう。
電話相談ができる税理士も存在し、電話なら自宅にいながら空いている時間に質問できます。
忙しい人にオススメの方法なので、覚えておきましょう。

誰がどのくらい相続するのか

素人では、誰がどのくらい遺産を相続すれば良いのかわかりづらいもの。 また誰かがズルをして、自分だけ多く遺産をもらおうと企んでいるかもしれません。 そのようなトラブルが起こりやすいので、きちんと弁護士を交えて、全員が冷静に話し合える環境を作りましょう。

信頼できる弁護士の特徴

長年相続問題を解決してきた弁護士なら、安心して任せられます。 例え相続を専門に扱っている弁護士でも、経験が少ないと感じたら依頼しないほうがよいでしょう。 業界で10年以上活躍している人がオススメ。 そのような人なら複雑な場合でも、アドバイスをくれることでしょう。

弁護士と税理士に相談

相続そのものについてわからないことがあれば、弁護士に相談しましょう。 しかし遺産を相続してから、相続税について気になることがあれば、今度は税理士に相談するのが良いです。 このように内容によって、依頼する場所が変わります。 間違えずに、それぞれ担当する業務のことを尋ねましょう。

▲ TOPへ